ピョートル著「世界最高のチーム」 | 株式会社エスエストラスト

× ×

代表ブログ

2019/03/20

ピョートル著「世界最高のチーム」

八王子駅前、南口店の責任者の前山副部長から、自分の机の上に、「社長が好きそうな本だから」と置手紙つきで置かれていたので、読んでみました。当社のカルチャーブックのなかにもgoogleのどこかで読んだ記事をパクッて「心理的安全性」の話をしているので、前山自身もこの本を読むキッカケになったのでしょう。このピョートル氏が実際のにgoogleのMGR職での実体験をもとに、googleの発展、成長は働いているスタッフはじめMGR、経営者間の「心理的安全性」があるから。で、ここに私の好きなコーチングも相重なっている内容です。つまり、MGR職としてチームをどう方向性付けていくのか。

『MGR職は経営者の方向性や経営者視点をもってチームをゴールへと導く。そのために、部下とのコミュニケーション、つまり心理的安全性の関係がどれだけ高められるか、また部下とのコーチングをいかして、チームをスタッフをゴールへと導けるか。』

管理職の方にはお勧めしたい本です。自分自身も経営者としてすべてトップダウンで経営してきたのに違和感を感じ、数年前同級生がコーチ・エイに転職した縁もあって1年間コーチングを学び、スタッフの自発的な行動を生むにはどうすればいいのか、学ぶことができました。

ICTやテクノロジー、RPAなど、当社でも取り組んで働き方は劇的に変わるなか、人としての本質、共存など、人間臭さが一番大事なんだ、と感じさせるのが、実は最先端企業のgoogleの中に潜んでいる、そう感じることができました。

次の代表ブログへ>>

2019/03/08

fabbit八王子 YouTubeでご紹介