FC NossA八王子 設立趣旨書 | 株式会社エスエストラスト

× ×

代表ブログ

2021/01/24

FC NossA八王子 設立趣旨書

左から私、

平本一樹;八王子プロサッカー選手第1号、現在はFC町田ゼルビア強化部

土屋征夫;Jリーグ功労賞受賞、私のブラジルサッカー留学時代の先輩

3年前から粛々と進めてきた話、紆余曲折あり、地元経営者の仲間達の支援を受け、ここでスタートすることができました。

 

各位
(設立予定)
株式会社 八王子 J リーグプロジェクト
代表取締役 杉本浩司
取締役 中嶋裕介
取締役 北島伸高
取締役 青田一宏

監督 土屋征夫
アドバイザー 平本一樹

新チーム
「FC NossA 八王子」設立趣旨書

私たちの故郷である八王子市は、人口約 56 万人の市民が住み暮らし、20 を超える大学をはじめ、70 を超える小学校、60 を超える中学、高校を有することから学園都市として発展して参りました。それに 併せて各種のスポーツが盛んに行われ、なかでもサッカーにおいては子供から大人まで、数多くの市民 がサッカーに触れることのできる土壌が形成されてきました。
ご存知の通り、八王子にはその人口構成の特徴からも分かるように、数多くの青少年がサッカーで切磋 琢磨し、その中から全国的にも有名なプロ選手も生まれてきました。しかしながら2018年当時、八王 子には J リーグを目指すと宣言している東京都社会人サッカーリーグ1部所属のチームが2チームあり、 その地域のポテンシャルを分散させてしまっている現状に課題があり、この課題を解決するために有志 による『八王子から J リーグを目指すプロジェクト』が発足されました。
このプロジェクトでは、まずは【2 チームを統合する】という目的にて協議を重ねてきましたが、【ど ちらか一方のチームが関東リーグに昇格したら統合する】、【新チームを設立して統合する】など様々な 考え方がありましたが、それまで先駆的に主導する者が不在であったことや【一方のチームが傘下に入 る】という懸念が払拭できず、合意に至らぬ結果となりました。
そこで2020年、私たちは新会社・新チームを発足し、2チーム個々に八王子の子どもたちの未来の ために「合流しよう」と、八王子サッカー協会とも協議をし、歩み寄りましたが、2チームとも独自の路 線でチーム運営をすると回答があり、合流には至りませんでした。
このような先行き不透明な現在の状況を鑑み、私たちは、将来八王子をワンチームにすることを視野に 入れた新会社・新チームを設立することを決意致しました。私たちは、八王子を一枚岩にし、八王子市民 に心から愛され、市民が熱狂し、子供たちが真剣に夢を抱ける、そんな強いチームづくりのために「J リ ーグ百年構想クラブ」を目指し、東京都初の「サッカー専用スタジアム」の建設も視野に入れ、J リーグ 参入を果たすことのできるチームを本気で目指します。そして初代監督には J リーグ功労賞受賞の土屋 征夫氏、アドバイザーに八王子出身プロ1号で町田ゼルビア強化部の平本一樹氏を迎え入れます。
上記の理念に基づき、既存のサッカー関係諸団体、経済界、市民の理解を得ながら、八王子のサッカー 界発展のため、そして八王子市民のために活動を行っていくことを固くお誓い申し上げ、私たちの設立 趣旨とさせていただきます。(以上)

【法人概要】
住所 八王子市横山町3番12号(エスエストラスト内)
名称 株式会社 八王子 J リーグプロジェクト
代表取締役 杉本 浩司 (株式会社エスエストラスト)
取締役 青田一宏(株式会社 ASAHI)
取締役 中嶋裕介(税理士法人アイビイエス)
取締役 北島伸高(株式会社ケイアイ)
設立 2021年2月1日
資本金 450万円

【チーム概要】
名称 FC NossA 八王子(ノッサ八王子)
(ブラジルポルトガル語で「ぼくらの八王子」)

監督 土屋征夫
J リーグ功労選手賞受賞、J リーグ580試合出場

アドバイザー 平本一樹
FC 町田ゼルビア強化部、J リーグ413試合出場

事務局 梅澤朗広(SDGus サポーターズ株式会社)

広報 野口計(ブラジルダイニング NóssA)
前田友香里(株式会社エスエストラスト)

アドバイザリーボード
竹迫徹(株式会社シムス)
村田晃一(有限会社村田石油)
森大佑(株式会社シンクメディア)
門脇大輔(CREAP 株式会社)

(理念)
「ぼくらの八王子」を盛り上げ、市民から愛される J リーグクラブを本気で目指します!
~東京都初のサッカー専用スタジアムを目指します!~

公式サイト

http://www.fc-nossa.jp/

<<前の代表ブログへ

2021/01/29

本社ビルリニューアルされました

次の代表ブログへ>>

2021/01/14

謹賀新年