若手経営勉強会 | 株式会社エスエストラスト

× ×

代表ブログ

2011/12/14

若手経営勉強会

内容が濃かった・・・

アパマンショップ全国大会の前日。


フォーシーズン椿山荘の入口のクリスマス装飾

加盟店の若手経営者がフォーシンズン椿山荘に集まり

豪華各業界のの方々の講演を聞きました!

これは本当にお腹いっぱいになりました!

「住生活グループのLIXILインターナショナルカンパニー井植敏雅氏」

サンヨー電気の社長も務め、ここで、INAX・トステムの住生活グループ
カンパニー会社の社長に就任。
経営戦略、コアコンピタンス、シェア№1定義、そして
一番今の私の状況にも重なった「権限委譲と企業統治」

「インテグラル辺見芳弘氏」
ハーバードBCG,三井物産、ボストンコンサルティングを経て
アディダスジャパンを立ち上げた方。
東ハトの民事再生時の社長で、あの時サッカーの中田を執行役員に
した方。
経営は科学=論理的に分析が可能
経営者自分自身をマネイジメントできていますか?
自分の能力の限界・欠点を自覚し補完してくれるスタッフを周りにおく。
常に「考え」、自分がどんな環境だと「新しいアイデア・ひらめき」がうまれてくるか。
やる気のある奴にポジションを与える。年齢・年功は関係ない。

「ビジネスコンサルティング事務所 オフィスケイ竹内一正氏」
スティーブ・ジョブズのアップル社での勤務歴があり
「カリスマ経営者ジョブズだから部下がついてきたのではない。
結果が出るからつき従った」

「大東建託 三鍋伊佐雄氏」
で、この三鍋社長の講演がかなり響きました。
ランチェスター経営の基礎的な考え方
我々賃貸業界の客観的な考え方

簡単に忘れないために感じたまま書きました。

で、思うところは

「数字」

数字から経営方針を出していること。

その積み重ねで経営者のするどい「勘」が働いているんだなと。

即取組みたいことがあるので、早く会社に帰りたいです笑

その後は

日比谷の松本楼

辛亥革命の孫文と梅谷庄吉の記念館

今日の全国大会は梅谷庄吉のひ孫さんの講演も聞けます。

いやー盛りだくさんで頭の整理するのが大変です。


移動中の東京タワー

この感じたことをスタッフ・会社に血肉化していきます!

<<前の代表ブログへ

2011/12/14

アパマンショップ全国大会

次の代表ブログへ>>

2011/12/12

発想の転換